レイキヒーリング

子供へのケア、自分へのケア、レイキヒーリング

地震後、子供も不安を感じているようでした。
私にくっついてくることが多くなりました。
アロママッサージ、レイキヒーリングだけではなく、
こちょこちょごっこなど、スキンシップを多くとり、
いつも通りの生活を送るよう心がけ、
子供が安心できるよう、配慮しました。
こういう時、スキンシップはとても大切です。
そして親が不安にならず、元気でいることも大切です。
地震後6日ほどたって、朝起きると胃がムカムカし気分が悪く、
私も知らないうちにストレスがたまっていたことに気づきました。
朝仕事に行く前にレイキヒーリングを40分ほど行い、
オーラソーマのポマンダーや、カラーエッセンスで
自分自身へのケアをしました。
その後胃はだいぶスッキリしました。
レイキヒーリングは子供へのケアとともに、
自分へのケアに非常に効果的です。

|

ファーストタッチ

「ファーストタッチで施術のすべてが決まる」という

「La・Mal」の高橋さんから教わった言葉を

先日あるサロンで施術を受けていて思い出しました。

そのサロンはインテリアも接客もどれも素晴らしく、

さすが有名店だなあ・・・と感心していたのですが、

タオルの上からのファーストタッチを受けて、「あれ?」と感じてしまいました。

気が交流していない感じ、一方的に入ってくる感じを受けました。

最初のタッチでその後がわかってしまいますね。

触れることは全てが伝わりますね。

自分も気をつけないとなあ・・・とぼんやり考えていました。

レイキを勉強して、私自身、施術に対して肩の力が抜けた感じがします。

気持ちよくなってもらおうと、がんばりすぎていた部分があったなあと思います。

ただ触れることの力のすごさを実感し、

クライアントに入り込みすぎないことを学びました。

セラピストは媒介者にすぎず、

クライアントがその人に必要なエネルギーを受け取ってくれる、と信じることで、

よけいな「何とかしてあげよう」という力が抜けて、

自分自身、楽にもなったし、施術の質も向上したと思います。

セラピストはいろいろな施術の技を学ぶことも大切ですが、レイキのように、

その人のエネルギーに触れる、感じる力を育てることも大切だと思います。

| | コメント (0)

レイキヒーリング

恵比寿にある「アンレース」というサロンで

レイキヒーリングのファーストとセカンドの

アチューメントと受けました。

レイキとはどういうものかよく知らなかったのですが、

このサロンのセラピストのタッチがとても素晴らしかったので、

レイキにも興味が出て、まずセッションを受け、さらに

アチューメントも受けました。

セッションでは開始1分ほどで眠ってしまい、

勉強!と思っていたのに、なにも覚えていません・・・。

レイキはただ触れるという基本的のことしかしないのですが、

その触れるという行為の素晴らしさ、パワーを

再確認しました。

ファーストのアチューメントを受けた後は、

自己ヒーリングを3週間行うのですが、

その間、私は腹部に湿疹がでました。

これは浄化反応だそうです。

レイキは隠れていたものを引き出し、

癒しと調和を与えます。

いろいろな感情も出てきやすくなります。

自分自身と向き合い、自分自身への理解が深まっていきます。

夏ごろにはレイキヒーリングのセッションも

サロンでのメニューに取り入れたいと思っています。

| | コメント (0)